配管は暮らしをつなぐ生命線 有限会社ヤマノ設備
生活豆知識

冬場の水道管の凍結防止について

冬場になると水道管の凍結が発生することがあります。水道管や蛇口や止水栓は、お客様個人の所有物であるため、破損してしまうと修理費用を負担しなければならないだけでなく、何より不便が生じてしまいます。ご自宅の水道は大丈夫でしょうか?今回は水道の凍結予防についてご紹介します。

凍結しないためにしておくこと

冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。屋外や、北側で日が当たらない場所、風当たりの強いところ、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。
水道管や蛇口の凍結の予防方法として、水道管が露出状態の場合、発泡スチロール製の保温材や防寒材、厚手の布などを露出部分に巻いて、上からビニールテープや防水テープでしっかり押さえてください。凍結防止帯(電熱線)等を設置する予防方法もありますが、凍結防止帯を設置する場合は、電気店等で充分に説明を聞いたうえで、取付けてください。

凍結した場合の対処法

水道管や蛇口が凍結してしまったら、無理に蛇口をひねらずに自然に溶けるのを待つか、水道管や蛇口にタオルや布ををかぶせてその上からぬるま湯をかけます。凍った状態で無理に栓をひねったりするとパッキンや蛇口などを破損することがあるので注意しましょう。また、急に熱湯をかけると管が破裂することもがありますので、注意してください。

【豆知識一覧】

ヤマノ設備のブログ「やまの日和」

水まわり・空調設備の個人向けトラブル解決

水まわり・空調設備に関する生活豆知識

有限会社 ヤマノ設備

〒807-1103
福岡県北九州市八幡西区
香月西3-11-35

■本社
TEL:093-616-6704
FAX:093-616-6705

【工事内容一覧】

  • 給水設備工事
  • 排水設備工事
  • 衛生器具設備工事
  • 給湯設備工事
  • 空調機器設備工事
  • 空調配管設備工事
  • 換気設備工事
  • ダクト設備工事
  • 消防設備工事
  • 設備総合メンテナンス

このページの先頭へ