配管は暮らしをつなぐ生命線 有限会社ヤマノ設備
生活豆知識

設定方法のアドバイス

■温度設定は20℃〜22℃を目安にしましょう。
エアコンの設定温度は消費電力に大きく関わり、設定温度を1℃下げると約10%の節電になるとされています。

■風量は自動運転にしましょう。
自動運転は、お部屋が暖まるまで「強風」、その後は「微風」という具合に、状況に応じて最適な運転モードを選んでくれるので、 ムダな電気消費量も減り、節電につながります。

■風向きは、下向きにしましょう。
暖かい空気は上に溜まります。エアコンの吹き出し口を下向きになるように風向きを調節すると、自然と天井に向かって上がっていくため、お部屋全体に空気が流れます。

お手入れはまめに行いましょう

■フィルターはこまめに掃除をしましょう。
フィルターにゴミやホコリが詰まると暖房効果が弱まり、暖めるのに多くの電力が必要となってしまします。2週間に1度を目安に、フィルターを水洗いするかほこりを掃除機で吸い取り掃除をすることで、約5%の節電になるといわれています。
エアコンのフィルター清掃方法はこちら

■室外機のまわりに物を置いてふさがないようにしましょう。
室外機の周りに物を置くと排熱の妨げになり、暖房の効率が低下します。

■室外機の防雪対策をしましょう。
雪によって吸入口に目詰りをおこし、暖房効率が低下します。雪に埋もれてしまうと、機器が正常に動かなく恐れもあります。室外機は特に雪に弱いので、目詰まりなどをおこさないように防雪フードをするなど防雪対策をしましょう。

節電のポイント

■昼間はカーテンを開けて、太陽熱を積極的に取り込みましょう。
日中は、カーテンを開けて、太陽熱をお部屋にたくさん取り入れれてお部屋を暖めましょう。蓄熱効果で暖房効率をあげることができます。

■夜はカーテンをして保温しましょう。
夜はカーテンを閉めて、暖房したお部屋の熱を逃さないようにしっかり保温しましょう。カーテンをしっかり閉めることで、暖房のスピードを向上させることもできます。また、厚手のカーテンを使うことで暖房効果が高くなります。

■フローリングにはカーペットを敷いて、暖房効率をあげましょう。
フローリングの床は、熱を奪いやすいので、カーペットを敷くことで暖房効率があがります。

■部屋の空気をかきまぜて暖房効率をあげましょう。
温かい空気は上にたまる性質があります。サーキュレーターなどで空気を循環させましょう。

■加湿器などを利用しましょう。
湿度があがると体感温度があがります。冬の場合、暖房温度20℃ほどで、湿度が約40〜60%がバランスがよいと言われています。 加湿器の利用や、室内干しをするなどして、適切な湿度を保ちましょう。ただし、湿度があがりすぎると結露の原因となりますので、湿度が高くなりすぎないよう、ちょうどよいバランスになるよう注意しましょう。

【豆知識一覧】

ヤマノ設備のブログ「やまの日和」

水まわり・空調設備の個人向けトラブル解決

水まわり・空調設備に関する生活豆知識

有限会社 ヤマノ設備

〒807-1103
福岡県北九州市八幡西区
香月西3-11-35

■本社
TEL:093-616-6704
FAX:093-616-6705

【工事内容一覧】

  • 給水設備工事
  • 排水設備工事
  • 衛生器具設備工事
  • 給湯設備工事
  • 空調機器設備工事
  • 空調配管設備工事
  • 換気設備工事
  • ダクト設備工事
  • 消防設備工事
  • 設備総合メンテナンス

このページの先頭へ