配管は暮らしをつなぐ生命線 有限会社ヤマノ設備
生活豆知識

キッチンリフォームをする際のポイント

毎日頻繁に使用するキッチンは、住まいのなかでも老朽化しやすい部分です。 使用する時間と共に、ひどい油汚れや、収納扉の不具合、シンクの錆びや汚れ、排水溝の臭いなど様々な問題が生じてきます。
そんな時、キッチンをリフォームすることで家事を機能的に楽しく行える場所へと生まれ変わらせることが可能です。
今回はキッチンをリフォームする際に、気を付けておくべきポイントをいくつか紹介したいと思います。

現状の不満点を整理し、生活のスタイルを把握する

キッチンをリフォームする際は、まずはじめに、
■収納が少ない
■動線が悪い
■調理スペースが狭い
■キッチンの高さが合っていない
■デザインが好みでない
など、現在の不満点を整理することが重要です。
また、誰がどのように使用するのかを考慮し、新しいキッチンにリフォームする際に改善したいこと、現状のまま変えたくないことなどを明確にしておくことが、失敗しないリフォームのための第一歩となります。

キッチンのスタイル

キッチンのスタイルは、以下の3つに分けられます。

■オープンキッチン
キッチンとダイニングやリビングの間に仕切りがなく、部屋の一角にキッチンを設置するタイプ。
【メリット】
・開放感がある
・家族と一緒に料理を楽しめる
・配膳や片付けがスムーズにできる
【デメリット】
・煙や臭いが広がってしまう
・キッチンが丸見えなので、来客時に気になる

■セミオープンキッチン
キッチンとダイニングやリビングの間にカウンターや戸棚などで簡単な仕切りを設けたタイプ。
【メリット】
・配膳や片付けがスムーズにできる
・キッチンを適度に隠せる
・家族と一緒に料理を楽しめる
【デメリット】
・煙や臭いが広がってしまう

■クローズドキッチン
キッチンが独立しているタイプ。
【メリット】
・料理に専念できる
・煙や臭いが広がらない
・他の部屋から見えないので、来客時に気にならない
【デメリット】
・配膳や片付けに手間がかかる
・コミュニケーションがとりにくい

システムキッチンの種類

■I型
シンク、調理台、コンロなどが横一列に配置されたキッチン。最もシンプルで作業がしやすい配置です。ただし、キッチンの長さが長すぎると、移動する範囲が広くなり、作業の効率が悪くなってしまいます。
■L型
シンク、調理台、コンロなどがL字に配置されたキッチン。 作業スペースが広く確保できるので、ゆったりと作業したい方におすすめです。ただし、コーナー部分がデッドスペースになりがちなので、工夫して活用しましょう。

その他にも況燭U型などの種類がありますが、これらは比較的広いスペースが必要となります。日本の住宅事情などを考慮すると上記2種類がスタンダードです。

理想のキッチンへとリフォームするためには

■作業効率をあげるための動線の確保
「シンク」「コンロ」「冷蔵庫」この3つは、キッチンを使用
する際に使用頻度の高いものです。これら3つの間の
距離をいかに短くするかで、作業効率が大きく上がり
ます。

■キッチンの高さを使用する人の身長にあわせる
一般的にキッチンの高さは、80僉85僉90僂3種類
です。使いやすい高さは、「身長÷2+5僉廚噺世錣譴討い泙后9發気合っていないと、腰痛がでたり、腕が疲れたりすることがあるため、使用する人に適した高さを選ぶことが重要です。

■収納スペースにもこだわる
綺麗で使いやすいキッチンにするためには、十分な収納スペースが必要です。食材のストックや電化製品などをすっきり収納・配置できるスペースを設けることで、使い勝手のよいキッチンにするこができます。

キッチンリフォームのご相談、弊社でも随時受け付けています。お客さまのお好みに合わせて、デザインと機能性にこだわったキッチンへとリフォームさせていただきます。弊社専門スタッフが、丁寧にヒアリングさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【豆知識一覧】

ヤマノ設備のブログ「やまの日和」

水まわり・空調設備の個人向けトラブル解決

水まわり・空調設備に関する生活豆知識

有限会社 ヤマノ設備

〒807-1103
福岡県北九州市八幡西区
香月西3-11-35

■本社
TEL:093-616-6704
FAX:093-616-6705

【工事内容一覧】

  • 給水設備工事
  • 排水設備工事
  • 衛生器具設備工事
  • 給湯設備工事
  • 空調機器設備工事
  • 空調配管設備工事
  • 換気設備工事
  • ダクト設備工事
  • 消防設備工事
  • 設備総合メンテナンス

このページの先頭へ